生活保護費には様々な手帳が関係してくる??


生活保護費には様々な手帳が関係してくる??
についての情報です。

生活保護費には様々な手帳が関係してくる??

生活保護を受給している方々には
色々な事情を抱えている方がいます。

 

例えば障害をお持ちの方。
様々な手帳があり、
年金が支給されます。

 

その為、福祉事務所としては
年金支給額を引いた金額を
生活保護費として支払います。

 

障害をお持ちの方はバスが
半額になったりします。

スポンサーリンク

 

当然、障害を負いたくておった
訳ではありませんから、
この位の事はしないと国としては
ダメですね。

 

障害者の方は手帳を持っており、
そこに何段階かに分けられています。
等級と言う物が存在します。

 

当然等級が重たければ、
障害者年金の額が大きくなります。

 

そうなってくると、生活保護費
との兼ね合いになってきます。

 

障害者年金の方が多いケースも
稀にあります。

 

そうなると医療費はただですから、
福祉事務所からしてみれば、
援護する物がなくなってしまいます。

 

早い話が生活保護の対象に
ならないと言う事です。

 

それ位、国は障害者の方に
優遇しています。

 

私達一般庶民もどこかで
障害者の方が困っていたら
助けてあげますよね?

 

普通の人が転んでも、
一般人なら『大丈夫ですか?』と
普通は声をかけます。

 

それを声をかけない人達が
いるのですから、世の中も
落ちぶれたものですね。

 

自分が逆の立場になった事を
考えた事がないのでしょう。

 

同じ日本人として情けないです。
本当に困っている人を助けるのが
福祉事務所であり、救急隊であり、
警察官である訳です。

 

そしてその中に私達一般庶民も、
当然その輪の中に入ってきます。
入らないとダメです。

 

生活保護では手帳があるかないかで
全く話が違ってきます。

 

自立支援と言う精神疾患方向けの
制度があります。

 

この制度をうけると、障害者年金が
入ってくるので、生活保護費が
削られます。
これは仕方のない所です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ