生活保護費が減額!収入申告をしなければ不正受給になる?


生活保護費減額収入申告をしなければ不正受給になる?
についての情報です。

スポンサーリンク

生活保護費が減額!収入申告をしなければ不正受給になる?

生活保護費は常に一定した額が支給されるとは限りません
そこには減額と言う物が存在します。

 

何もしないで生活している分には問題ありませんが、
アルバイトやパートをして収入を得て申告すると、
翌月から減額がはじまります

 

最初の月は減額はありません。
1か月遅れで減額が開始されます。

 

気になる減額の金額ですが、
収入が多い程、減額の金額も大きくなります。

 

減額の金額は人によってかわると言う事です。
ここで収入申告を行わないと不正受給となります。

 

ばれなければ問題がないと言ってしまえばそれまでですが、
世の中そんなに甘くはありません。

 

悪い事はすぐにばれてしまいます。
これが現状です。

 

悪い事を隠し続けられると思ったら大間違いです。
必ずメスが入ります。

 

減額は収入を得る様になれば、
避けて通れない道です。

 

収入があるのですから、
当然、減額されます。

 

それでも生活保護を受けられるだけでも
恩恵を授かった思った方が良いです。

 

生活保護費は税金でまかなっている事を忘れてはいけません。
別に生活保護を受けるなとは言っていません。

 

不正受給はダメですと言っているだけです。
不正受給がばれた時、場合によっては生活保護打ち切りの上、
悪質性が高いと判断されれば、
詐欺罪で訴えられます。

 

こうなる前に申告しておけば、
打ち切りにもなりませんし、
詐欺罪に問われる事も当然ありません。

 

生活保護はルールの中で物事を行っていれば、
全く問題ありません。
ルール違反をした時の代償が大きいです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ