生活保護者が働いて年収があっても生活保護を受給できる可能性は?


生活保護者働いて年収があっても生活保護受給できる可能性は?
についての情報です。

スポンサーリンク

生活保護者が働いて年収があっても生活保護を受給できる可能性は?

生活保護を受給するにあたって、
年収があるから受給は無理だと
思い込んでいる人もいますが、
収入アリ=生活保護受給無理は
違います

 

収入によっては生活保護を
受けられる可能性は十分に
あります

 

年収が700万・800万円もあれば、
さすがに生活保護を受けるのは
無理な話になってきますが、
低所得者の場合は生活保護を
受給できる可能性があるので、
1度福祉事務所に相談に
行くのがいいでしょう

 

どこまでが低所得と言う決まりが
ないので、1度福祉事務所に、
相談に行って損する事は
ないでしょう。

 

そこで年収が低いと判断され、
家族構成等を考慮した結果、
生活保護妥当と言う結論を
福祉事務所が下せば、
生活保護費を受給する事が
できます

 

その変わり、当然働いていますから、
収入申告書は毎月提出しなければ
いけません

 

これを提出しないと、
不正受給になってしまいます。

 

その会社を退社したのであれば、
申告書の提出を出す必要は
ありませんが、主な収入源が
絶たれた訳ですから、
この場合も直ぐに福祉事務所に
申告しなければいけません。

 

逆に申告しないと、
かなり損をする事になります。

 

収入が0になったわけですから、
福祉事務所に申告を速やかにすれば、
生活保護費が当然のことながら
アップします。

 

アップする事はあっても、
ダウンする事はありません。

 

その後、再び再就職した場合は
こちらも速やかに申告しないと
いけません。

 

ここは申告しないと、
不正受給になってしまいますので、
注意が必要です。

 

ただし退社を申告した時に、
ケースワーカーの方から
再就職した場合は必ず申告して
下さいと説明を受けているはず
なので、問題はないと思います。

 

収入がある時はある、ない時はないと、
ここをはっきりさせる事です。

 

そうしないと不正受給に
なりかねません。

 

後は申告する金額は正しく
入力する事です。

 

場合によっては銀行の通帳を
毎月記帳して、それをコピーして、
提出するケースもあります。

 

そのため金額のごまかしは
利かないので注意が必要です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ