生活保護法について!?


生活保護法について!?
についての情報です。

生活保護法について!?

生活保護法の中身を見ると、
まるで弁護士さんが読むような
六法全書のような中身です。

 

生活保護法は国会でも、
昨今取り上げられており、
気が付かれないように
支給額が少しずつ減額されています

スポンサーリンク

 

しかし、いずれ減額しているのはテレビや新聞などで、
大きく報じられていますから、
生活保護受給者にばれるのは時間の問題なので、
早々とケースワーカーが
カミングアウトしているのが実情です。

 

実際、問題支給額を減らしているのを
生活保護受給者に告知しないのは
法律違反になりかねないので、
早々と告知した方が後々、
スムーズに事が運びます。
ここが非常に重要ですね。

 

生活保護法の中で、
一番皆さんが耳にすると言ったら、
少し語弊があるかも知れませんが、
第11条の保護の種類が1番多く、
馴染みのある言葉だと思います。

 

保護の種類は全部で8つです。

1.生活扶助。

2.教育扶助。

3.住宅扶助。

4.医療扶助。

5.介護扶助。

6.出産扶助。

7.生業扶助。

8.葬祭扶助。

 

この中で1番生活保護受給者が恩恵を受けるのは
4.医療扶助です。

 

医療費が一切かかりません。
唯一、かかるのは診断書等の文書料だけです。

 

入院しても医療費はかかりません。
最初に病院のケースワーカーが
入院費に関しての負担は福祉と相談中です!
と言ってくる事がありますが、
100%福祉事務所持ちです。

 

生活保護受給者が負担する事はありません。
医療費が一切かからないのは最大の利点ですが、
制約もあります。

 

それは全ての病院に行けないと言う事です。
病院は1つ指定した病院のみ受診する事が可能で、
院外処方の場合、薬をもらう薬局も
1か所指定しなければいけません。

 

意外と融通が利くようで効きません。
しかしこれだけ優遇されれば十分です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ