生活保護問題の不正受給は福祉事務所の人手不足が原因である!?


生活保護問題不正受給福祉事務所人手不足原因である!?
についての情報です。

スポンサーリンク

生活保護問題の不正受給は福祉事務所の人手不足が原因である!?

現在の生活保護のシステムは
問題が山積みです。

 

まずは不正受給が簡単に
出来てしまう事

 

その背景にあるのは担当の
ケースワーカーの仕事量が
キャパオーバーしている事が多く、
今こなしている仕事だけで
精一杯という、人手が慢性的に
足りないと言う事実があります。

 

これはどこの市町村でも同じ
事が言えるでしょう。
かなり問題山積です。

 

人手不足を解消する手段が
いまの所ありません。

 

どうしてかと言うと、
ケースワーカーと言う仕事は
非常に特殊な仕事で、
資格が必要だからです。

 

本当に毎日忙殺されて、
あっと言う間に1日が
終ってしまいます。

 

そんな環境の中で仕事をして
いますから、自然と生活保護の
受理も手を抜いているわけでは
ありませんが、簡単に受理して
しまいます。

 

この様な光景が1日1人
ではないので、次から次へと
福祉事務所に新たなる
受給者がやってきます。

 

その中で、担当地域に家庭訪問等に
行かなくてはいけないのです。
かなり忙しいです。

 

そして文書などの書類も処理
していかなければいけません。

 

本当にやっていると、
疲れると思います。
休む暇がありません。

 

少し息が抜けるのは休憩時間
位ではないでしょうか?

 

なかなかゆっくりと
くつろぐ事は出来ませんね。

 

仕事中にくつろぐ必要は
ありませんが、せめて普通の
会社員のように、昼休み位は
息抜きしたいですね。

 

誰でもそう思いますよね。
仕事で1日追われるのは
非常に厄介です。

 

疲労と言うのは見えない所で
かんじるので、注意が
必要ですね。

 

このように福祉事務所は
人材不足と言う大問題
抱えています。

 

これが生活保護をどんどん
受理してしまう背景です。

 

なかなか上手い事いきません。
人手不足だけはどうにも
なりませんからね。

 

しかもケースワーカーと言う
資格がいりますから、
大変です。

 

福祉事務所は行った事がない
人には全くどんな場所か
わからないと思いますが、
本当にいつも人がたくさんいて、
混雑している様な場所です。

 

普通の人は福祉医務所に
行く事はないですから、
無縁の世界です。

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ