生活保護受給者をケースワーカーがサポートしてくれる?


生活保護受給者ケースワーカーサポートしてくれる?
についての情報です。

生活保護受給者をケースワーカーがサポートしてくれる?

生活保護受給者とケースワーカーの存在は
切っても切れない仲です。

 

必ず担当のケースワーカーが
各世帯に1人つきます

 

ケースワーカーは東京23区の場合だと、
1人のケースワーカーが担当する人数が多すぎ、
十分な家庭訪問等が出来ない状態です。

スポンサーリンク

 

ケースワーカーは区内を移動する際は
基本的にバスと電車で移動します。

 

これは安全面を考慮しての事です。
原付や自転車だと事故のリスクがあります。

 

電車やバスはまずそれがありません。
そこが1番大きな理由と言えるでしょう。

 

ケースワーカーは基本的に生活保護の人を
サポートしてくれます

 

困った事などがないか?
こまめに聞いてきます。

 

特に生活保護受給直後の3か月位は
かなりこまめに聞いて来る事が多く、
家庭訪問もに来る回数も多いです。

 

生活保護受給者も困った時は、
担当のケースワーカーに相談します。

 

担当のケースワーカーでないと話が通じません。
ある程度、常識の範疇であれば、
他のケースワーカーでも話はある程度通じますが、
専門的な話は担当のケースワーカーでないとわかりません。

 

専門的と言っても特別な事では無く、
家族構成等の事です。

 

担当のケースワーカーが全て管理している為、
担当のケースワーカーが不在の時は、
後日になる事が多いです。

 

ケースワーカーも余りにも抱えている世帯が多い事から、
前の月に話した事を忘れてしまう事も多いです。

 

ケースワーカーと生活保護受給者の関係は
先述の通り切っても切れません。

 

やはりケースワーカーが様々な申請事を受理するので、
仕事が山の様に積み重なっていきます。

 

中々、ケースワーカーも休む暇が平日はありません。
非常にストレスの多い仕事だと思います。
ケースワーカーも楽ではありません。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ