生活保護受給者もストレスの多さでうつ病になってしまう??


生活保護受給者ストレス多さうつ病になってしまう??
についての情報です。

生活保護受給者もストレスの多さでうつ病になってしまう??

生活保護受給者の中にはあまりの
ストレスの多さにうつ病になる人もいます

 

うつ病だけなら、
まだ抗うつ薬で良く成る可能性はあります

 

しかし、ここに睡眠障害やパニック障害、
過換気症候群等が加わって来ると、
かなり厄介な事になってきます。

スポンサーリンク

 

うつ病を軽く見ていると、
痛い目に遭いますよ。

 

直ぐになんか変だなあと思ったら、
病院に行くべきです。

 

最初は内科で良いですが、
直ぐに医師が心療内科(精神科)の
受診を強く勧めてきます。

 

ここは医師の指示に
素直に大人しく従うべきです。

 

内科と心療内科は診察が全く異なります。
また内科の医師は、心療内科(精神科)で、
処方している薬を余り出したがりません。

 

心療内科(精神科)の医師が躊躇なく出す
ハルシオを出すのにも、
1分位、考え込む程です。
それだけ特殊な薬と言う事です。

 

うつ病になると、医療費がかさみます。
これらの負担は全て、福祉事務所が行います。

 

かなり心療内科(精神科)の薬は
種類が多いと高いです。

 

1か月分で5000円以上行く事もざらです。
しかし、そうは言っても生活保護の人も
生活スタイルを変えないとドツボに嵌ります。

 

これだけは絶対に治さなければいけないので、
うつ病の中でも、プラスαがある人の治療は優先です

 

プラスαとは睡眠障害やパニック障害、
過換気症候群等の事です

 

これらを持っていると、
処方される薬の量も更に大きくなります。
要警戒レベルです。

 

うつ病を侮ると、
この様なプラスαが次々に出て来ます。

 

生活保護の人もそうでない人も、
うつ病は治さなければいけない病気です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ