生活保護受給者は国民健康保険を返還しなければならない?


生活保護受給者国民健康保険返還しなければならない?
についての情報です。

スポンサーリンク

生活保護受給者は国民健康保険を返還しなければならない?

生活保護の人は国民健康保険は持っていません。
生活保護受給と同時に国民健康保険は返還です。

 

生活保護受給者の医療費は医療扶助で賄われます
これは一体どういうシステムなのか?

 

生価値保護受給者には医療券が病院にダイレクトに行きます。
これが保険証の代わりです。

 

医療費は1円もかかりません
これはどの診療科目にかかってもです。

 

どんな検査も基本、
お金がかかる事はありません。

 

お金がかからないと言う事は非常に楽です。
確かにお会計がないので、
周りの目を気にする人は気にします。

 

自分だけ、お会計がないわけですからね。
周りの人からみれば、
何であの人はお会計がないの?
と見える訳です。

 

それを気にする人は意外に多いです。
しかし、実際はお会計を待っている患者さんは
自分のお会計の順番しか待っていないので、
他の人のお会計など全く気にしていません。

 

お金を払っている普通の人で、
実は生活保護受給者が心配しているような事は
実は全くしていないのです。

 

自分の順番の事しか気にしていません。
今は病院も設備が充実していますから、
自分の会計が番号で点滅するような病院もあります。

 

お会計がカード払いが出来る時代ですからね。
生活保護受給者の方はカード払いに縁のない話ですが、
生活保護を卒業したら、
縁がある話かもしれません。

 

生活保護受給者は保険証を持っていません。
医療券は1か月毎の更新です。

 

その為、普通の人が財布の中に持っている
保険証を持っていないので、
例えば予想していない所で調子が悪くなりました。

 

目の前に病院がある・・・。
保険証があれば、間違いなく迷う事無く入りますが、
医療券が送られていないのでどうしょう?
と言うケースがあります。

 

この場合、もちろん直ぐ、
この病院に入り医療券は後回しです。

 

医療券は遅かれ早かれ、
必ず送付してくれるので、
病院に入ってしまっても、
このケースでは問題ありません。

 

生活保護を理由に診療を拒否する病院は存在しません。
そんな病院があったら大問題です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ