生活保護受給者は収入申告さえすればバイトをしてもいい??


生活保護受給者収入申告さえすればバイトをしてもいい??
についての情報です。

生活保護受給者は収入申告さえすればバイトをしてもいい??

生活保護受給者がバイトをしては
いけないと言う決まりはありません。

 

むしろ生活保護受給者はバイトをしてもらった方が、
生活保護費の支給額が少なくて済むので助かります

 

できる事なら受給者全員に
バイトをしてもらいたい位です。

スポンサーリンク

 

福祉事務所の考え方はとにかくカットする事。
いかにして生活保護費を抑え込む事が
できるかを日々考えています。

 

福祉事務所としては表向きは支援します。
ですが、福祉事務所の中ではいかにして、
生活保護を水際で防げるか?
そんな事ばかり考えています。

 

バイトしてくれるのは本当に有難いのです。
どんどんバイトして下さい!
もっと働いても良いですよ。
と言う風に考えています。

 

バイトで稼いでくれると、
福祉事務所は助かります。

 

生活保護費が少なく、
支給できますから大歓迎です。

 

ただしバイトで得た収入は申告しないでばれると、
生活保護打ち切りに、最悪なります

 

バイトは大歓迎ですが、
申告だけはしっかりとお願いします
と言うのが福祉事務所の考えです。
正論です。

 

バイトは大歓迎と言うのも、
福祉事務所と言う性質から考えると、
少し矛盾していますよね。
でもそれが現状なのです。

 

少しでも収入があれば、
収入申告書と言う面倒な紙に
記入しなければいけません。

 

これが懸賞で当った1万円でも、
記入しなければいけません。
この差は大きいですよね。

 

懸賞で漸く当った1万円が収入としてみなされ、
生活保護費と相殺されると言う正に鬼です。
福祉事務所はかなりお役所仕事をします。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ