生活保護受給者はペットを所有してもいいのか??


生活保護受給者ペット所有してもいいのか??
についての情報です。

スポンサーリンク

生活保護受給者はペットを所有してもいいのか??

生活保護受給者の方はペットを
飼う事も出来ます

 

別にペットくらい飼っても
全く問題ないです。

 

ペットで精神状態が保たれている
人も中にはいる位ですからね。

 

ペットを飼ってはいけないと言う
決まりごとはありません。

 

特に生活保護を受給する前から、
飼っているペットを手放す事は
100%ありません

 

本人が手放す事があった場合は
話が別ですが、長年飼っている
ペットを手放す事はないでしょう。

 

ペットは長年飼っていると、
家族も同然です。

 

ペットはお金を生みませんが、
精神衛生上が悪くなる事は
ありません。

 

そのため福祉事務所もペットを
手放す事を強要する事は
100%ありません。

 

これは裁判になったとしても、
間違いなくペットの所有は
認められます

 

そのため福祉事務所はペットは
黙認です。

 

どうせ裁判に持ち込んでも、
福祉事務所の敗訴が確定している
訳ですから、あえて負け戦を
する事はありません。

 

裁判をして負けたら、その費用を
払うのは敗訴した側です。

 

この場合は福祉事務所ですから、
国と言う事になりますね。

 

負けるのがわかっていて、
わざわざ裁判をする人等、
日本全国を探し歩いても、
誰もいないでしょう。

 

負ける裁判なんて誰だって
したくありません。

 

それがまして国となればしません。
国はプライドが高いので、
敗訴する事を恐れます。

 

国は往生際が悪いので、
敗訴すると余程の事が無い限り
上告します。

 

結局、最高裁判所までもつれこむ
のですが、最終的には裁判所で
勝つことはできません。

 

ペットの保有権は認められているのも
同然です。

 

ペットで福祉事務所も大騒ぎする
事はありません。

 

なぜなら騒いだ所で、
どうにもならないのを
分かっているからです。

 

負け戦は絶対にしないと言う事です。
先ほどの裁判の話も、もし裁判に
なったらの話で、実際に裁判になる
事はまずありません。

 

裁判を起こすくらいなら、
不正受給を撲滅に力をいれた方が
余程効率がいいです。

 

しかし不正受給をみつけるのも、
それはそれで大変な事である
事に変わりはありません。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ