生活保護受給者の就労支援を福祉事務所がサポートしてくれる?


生活保護受給者就労支援福祉事務所サポートしてくれる?
についての情報です。

スポンサーリンク

生活保護受給者の就労支援を福祉事務所がサポートしてくれる?

生活保護を受給している人の中には
やむ得ず仕事を失った方等もいます。

 

そういった就職をする気持ちがある人を
福祉事務所は就労支援と言う形でサポートします。

 

福祉事務所としても、
その方が仕事をするようになって、
生活保護を卒業してくれると一番、
福祉事務所としては有難いのは間違いありません。

 

なかなか、この就労支援が上手く
機能していない現状があります。

 

この辺りが福祉事務所の頭を悩ます所でしょう。
就労支援は面接のコツその人にあった仕事
履歴書の書き方に至るまで、
福祉事務所が万全のサポートで挑みます。

 

問題は該当者のやる気次第、
この1点にすべてはつきます。

 

やる気がない人に、
どんなに用意をしてあげても
効果は全くありません。

 

そこが1番、福祉事務所の頭の痛い所で、
ケースワーカーの腕の見せ所でもあります。

 

なかなか上手く歯車がかみ合わないのです。
最初は皆さんやるき満々です。

 

しかし、面接で1社弾かれると、
大きくモチベーションが低下します。

 

もう就職活動なんてやってられるか!!
そんな投げやりの気持ちになってしまうのです。

 

なぜ、この様な状況が起きるのかと言うと、
この状況で就職活動をすると、
金銭的・交通費もギリギリで、どう考えても、
一発・ツモ以外は勝ち目がありません。

 

そんな追い詰められた状況で、
良い結果が出るはずがありません。

 

本当にお金がないと言うのは悲しいものです。
上記の状況では面接を受けたい会社が数社あっても、
懐が寂しいですから、1社しか受けられません。
正に乾坤一擲です。

 

そんな事をして、成功すればいいけれど、
失敗したときのショックは甚大です。

 

就職活動は余裕を持って望みたいものです。
その点、就労支援は就職する為に支援してくれる訳ですから、
かなり強力な味方です。

 

毎回、乾坤一擲の大勝負をしていたら大変です。
乾坤一擲とは天下分け目の大勝負の事です。

 

因みに乾坤一擲と書いて、
『けんこんいってき』と読みます。

 

就労支援でゆっくりと、
仕事を探すのも手ですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ