生活保護受給者の実態!不正受給が多いのが現状である!?


生活保護受給者実態不正受給多いのが現状である!?
についての情報です。

スポンサーリンク

生活保護受給者の実態!不正受給が多いのが現状である!?

生活保護の実態は依然として、
不正受給者が多いのが現状です。

 

不正受給の手口は色々ありますが、
不正受給を組織的する人が多いです。

 

どういう組織化は想像にお任せ
しますが、何でもお金になるのなら
してしまえと言う事です。

 

組織的な為、摘発されれば、
芋づる式になるのですが、
摘発されないと不正受給額が
多くなり、福祉事務所の
金銭的負担が大きくなって
しまいます。

 

また不正受給をしているつもり
がなくても、結果的に不正受給に
なる事もあるので注意が必要です。

 

まず働いた時点で必ず収入申告書を
提出しないと、その時点で不正受給
となってしまいます

 

この事を知らない人が多いですが、
常識で考えれば、働いて収入を
得れば、申告しなければいけない
事はすぐにわかるはずです。

 

このケースの場合はケースワーカー
から1度目なので、軽く注意を受ける
だけで済む事がおおいです。

 

1度目で生活保護が打ち切りに
なる事はまずありません。

 

もし1度目で打ち切りになる
のであれば、余程悪質なケースです。

 

生活保護の受給者は減るどころか、
増えています。

 

景気はいいはずなのに、
富裕層に恩恵は限られている
印象ですね。

 

確かに株価が上がっていて、
日経平均株価は民主党政権末期の
7000円から20000円に跳ね上が
っています。

 

アベノミクスが機能していますが、
底辺の低所得者にはその恩恵は
全く受けられないのが現状です。

 

低所得者が株を買う事は
ありませんからね。

 

やはり現状の生活保護の実態は
依然と厳しいものがあります。

 

生活保護は生活費を最低限保証
すると言うものです。

 

しかしその最低限はかなり
シビアです。

 

その生活費で、光熱費などを
全て賄わなければいけません。

 

これはやりくりがかなり大変です。
特に夏はエアコンを使いますから、
電気代が跳ね上がります。

 

その為、エアコンを使う回数を
減らしている生活保護の家庭も
少なくありません。

 

毎日のように気温が30度を
超える8月は大変です。

 

冬もエアコンを使いますが、
部屋の中でジャンパーを着て、
寒さを凌いでいる家庭が
あるのが実情です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ