生活保護受給者の収入が多すぎると生活保護が打ち切りになる?


生活保護受給者収入多すぎると生活保護打ち切りになる?
についての情報です。

生活保護受給者の収入が多すぎると生活保護が打ち切りになる?

生活保護の家庭に収入があっても問題はありません。
しかし、それは生活保護費を下回る範囲での
収入なら問題ありません

スポンサーリンク

 

生活保護費と収入のバランスが重視されます。
収入が多すぎると生活保護は打ち切りとなってしまいます。

 

毎月、収入申告書を書く事になります。
ここで福祉事務所は3か月程様子を見ます。

 

1時的な収入なのか?
安定した収入なのかの判別です。

 

ここが一番福祉事務所が見極めたい所なのです。
生活保護費をできるだけだしたくない福祉事務所と
生活保護受給者との見えない攻防があります。

 

福祉事務所は基本的にお役所仕事です。
しかし、中には熱血ケースワーカーもいます。

 

どのケースワーカーに当るかはわかりません。
相性の合うケースワーカーと出会うかは完全な運次第です。

 

基本的に地域によってケースワーカーが決まっている為、
その地域のケースワーカーが決まっている為、
本当に運次第の側面が強いです。

 

人間同士ですからどうしても相性と言うのはあります。
相性は好いにこした事はありません。

 

なかなか、収入を調整するのも大変です。
生活保護を打ち切られないように
収入を調整しないといけません。

 

その為、福祉事務所は収入が生活保護費以下だと
生活保護が打ち切る事ができません

 

ここは生活保護受給者と福祉事務所の
駆け引きがここでは演じられます。

 

なかなか福祉事務所は強いですが、
生活保護受給者もかなり頭を使っています。

 

この攻防は暫く続きます。
普通に収入が入るようになれば、
生活保護から脱出できます。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ