生活保護受給者の医療費はただ!入院しても保証金は全額免除?


生活保護受給者医療費ただ入院しても保証金全額免除
についての情報です。

生活保護受給者の医療費はただ!入院しても保証金は全額免除?

生活保護を受給している方には
健康保険証がありません

 

それではどうして病院に行けるのでしょうか?
生活保護で医療扶助も受けていると
医療費は文書料(診断書など)以外はお金はかかりません

 

ここで登場するのが医療券です。
医療券は福祉事務所が先に病院に送るのが
慣例となっています。

スポンサーリンク

 

緊急事態は例外ですが、
キチンとそこら辺は福祉事務所が行っています。

 

医療券が保険証の代わりになるのですが、
この医療券の威力は凄まじく、
皆さんが高いお金を払って行うCT(造影剤使用)等は
8000円から10000円。

 

保険適用でも負担がかかりますが、
生活保護の方はかかりません。

 

この辺りが医療券の効果で、
簡単に言うと、水戸黄門の印籠みたいなものです。

 

医療券には病院も逆らえないのです。
しかし、病院も生活保護の方ばかり来て、
利益をどうしてあげているのかと言う
非常に素朴な疑問が残ります。

 

福祉事務所が医療費は支払ってくれます
そうでないと病院経営は成り立ちません。

 

医療券は生活保護受給者に取っては
魔法のような存在です。

 

何をしても、医療費はただ
入院しても保証金は全額免除

 

これだけ書くと、不公平じゃないか!
と一般庶民の方は思うかも知れません。

 

しかし生活保護受給者も、
好きで生活保護を申請している訳ではありません。
中には計画的な人もいますが・・・。
それもほんの1分です。

 

ただし生活保護受給者の生活保護費や
医療費は我々庶民の税金で、
まかなっているのは事実です。

 

生活保護の方も、
その辺りは頭に入れて動いて欲しいものです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ