生活保護受給者が高級自動車で病院に来院??


生活保護受給者高級自動車病院来院??
についての情報です。

生活保護受給者が高級自動車で病院に来院??

これは私が病院で働いていた時の話ですが、
救急指定の病院で夜間は小児科がやっている病院は少なく、
私の病院は深夜、小児科医が救急外来に常にいるので、
車で来る人も多かったです。

 

その中になぜか生活保護受給者がいるのです。
深夜ですから、交通手段はタクシーしかない筈なんですが、
高級車でやってきます。

 

別に自動車で来たからと言って、
病院が受けるダメージはありません。

スポンサーリンク

 

診療報酬請求書を書けば、
3か月以内にお金が病院に戻ってきます。

 

後、爆音鳴らして自動車で来る曰くつきの患者がいるのですが、
車を見に行ったら同僚が1000万円以上すると言う
スピードが出る自動車でした。

 

1000万円!!
こんな超高級車があるなら、
売却して下さいと思うのは私だけでしょうか?

 

その人も生活保護です。
昼間は車を隠しているのでしょう。

 

人間良い知恵と悪い知恵だと、
断然悪い知恵の方が良く思いつきます。

 

これには困ったものです。
福祉事務所に密告しても良いんですけどね。

 

高級車で来ていますよ。
ちゃんと証拠のVTRは駐車場の監視カメラに
全て治まっています。

 

しかし、病院は患者さんの揚げ足を取る場所ではないので、
密告する事はありません。

 

治療が最優先ですから、
患者を叩いても仕方がありません。
ここまでは病院編です。

 

自動車で問題になってくるケースは圧倒的に20代が多いです。
この世代はゆとり世代です。

 

かなり楽をして年を重ねています。
別に年は誰でも重ねますから、
その点に関してはいいのですが、
問題はどこで歯車が合わなくなったかです。

 

社会現象となっているニート。
この問題はかなり奥が深いです。
20代で引きこもりです。

 

出かける先は近くのコンビニだけ。
こんな事をしていたら体が劣化しますよ。

 

そうならない為にどうしたら良いのかを
よく考えるべきです。

 

精神的に鬱状態であるのなら、
仕方がありません。

 

それでも、朝散歩する位は出来ると思います。
中々昼間は人がたくさんいるので、
避けたい気持ちはわかります。

 

しかし、そのままだと鬱も治らない上に体が劣化します。
そして大問題の怠け者。

 

正直、私を含めて全ての国民の人が
こんな人に自分の税金を使うな!!
と怒り心頭です。

 

お金を貰う基準が甘すぎます
ここは今後、厚生労働省が改善して
行かなければならない最重要課題です。

 

この問題をしっかり形を付けないと、
永遠に20代の生活保護受給者は減らないです。

 

ここは本当に政府も重い腰を上げて、
しっかりと対応する必要があります。
国が動くばき問題です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ