生活保護受給者が大阪市同様に名古屋市も多い??


生活保護受給者大阪市同様に名古屋市多い??
についての情報です。

スポンサーリンク

 

生活保護受給者が大阪市同様に名古屋市も多い??

 

名古屋市も大阪市同様に、
かなり生活保護受給者が多いですね。

 

これはある区の話ですが、
大阪の西成地区同様に、
飛び抜けて生活保護受給者が多いです。

 

その為、完全に予算オーバーしています。
ここまで偏ると少し首を傾げたくなりますね。

 

なんでこの地域だけ飛び抜けて生活保護受給者が多いのか?
名古屋市も対応にかなり苦労していると思います。

 

ここで考えられるのは大阪の
西成地区に怠け者が圧倒的に多いです。

 

原因はそれしかありません。
生活に困窮している人がそんなに多く
一つのエリアに固まっている訳がありません。

 

名古屋市も色々ありますね。
東京もそうですが、東京は生活保護受給者に偏りはありません。

 

ここはまあ良いとは言えませんが、
特殊エリアがない分、まだましだと思います。

 

ここに特殊エリアが入って来ると、
大阪市や名古屋市と同じ状況に激変します。

 

今の所、東京は生活保護に関しては偏りがないので、
まだましなほうかなと思います。

 

これが各都市で起きたら完全にパンクします。
一番生活保護受給者で多い怠け者。

 

この怠け者こそが生活保護費を圧迫しています
働ける体でいながら働きません。

 

一体何を考えているのか?と思いますよね?
この怠け者達は生活保護費をむしり取り、
気楽に生活しようとしている人間が大半です。

 

一般市民の税金で暮らす、
本当に生活に困窮している家庭なら
これは仕方がありません。

 

一般市民も助け舟をだしますが、
怠け者には助け舟は出しません。

 

こん棒で叩き落としています。
しかし、実際生活に困っている家庭は
生活保護受給者の2割ですから、
いかに今の状態が異常事態かはわかると思います。

 

怠け者は病院で医師に就業不可と言う
お墨付き貰ってしまいます。

 

どんな医師であろうと、
就労不可と医師が書いた時点で
生活保護申請者の勝ちです。

 

逆の見方をすれば福祉事務所の負けです。
この様な事を勝ち負けで表現するのは
どうかと迷いましたが、
1番分かり易い方法なので書きました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ