生活保護不正受給の違反行為の罰則で生活保護が打ち切りになる?


生活保護不正受給違反行為罰則生活保護打ち切りになる?
についての情報です。

スポンサーリンク

生活保護不正受給の違反行為の罰則で生活保護が打ち切りになる?

生活保護は生活に困窮している人への支援制度です。
その支援制度を悪用する人達がいます。

 

不正受給がさいたる例です。
普通の人の不正受給は悪意がない事が多いので、
福祉事務所は甘めに見てくれます。

 

しかし、これを悪意があると判断された場合の
罰則は生活保護打ち切りです。

 

生活保護打ち切りで済むならまだマシな方です。
最悪な場合、詐欺罪で告発されるケースもあります。

 

詐欺罪で告発されるケースは
普通の一般人の方ではまずありません。

 

組織的な犯行が主なケースです。
この場合、生活保護費を不正受給していますから、
返金しないと刑事事件に発展します。

 

当然の事ながら、捜査の結果、
刑事責任の対象になります。

 

裁判になれば、まず罰金はほとんどのケースでついてきます。
罰金の金額は不正受給した金額です。

 

それに刑事罰が加わります。
不正受給は絶対にしてはいけないのです。

 

ここで書くまでもない事ですが、
それでも不正受給に走る人は多いです。

 

人間誰しも甘い汁を吸いたくなります。
そこが人間の心理面の難しい所です。

 

悪魔の囁きですね。
簡単に言うのならば、
ここを堪えきれるか堪えきれないかで、
大きくその人の人生は変わってきます。

 

ここは何が何でも堪えなくてはいけません。
目先のお金に目が眩んではいけません。

 

確かに不正受給すれば、
生活は大幅に楽になるでしょう。

 

しかし、それは違法行為です。
違法行為をすれば、当然、
それなりの代償を支払う事になります。

 

ここが十分理解していない人は
目の前のお金に目が眩み、
不正受給の道に走ってしまいます。

まとめ

生活保護の不正受給は刑事罰の対象になる事もあるので、
不正受給は絶対にしてはいけません。
必ず悪い事はばれます。

 

そんなに不正受給がまかり通るはずがありません。
生活保護の不正受給の大半は組織的犯行が多いです。

 

ここで芋づる式にどんどん逮捕者が出て来ます。
完全な詐欺罪ですね。

 

不正受給で得たお金を全額返済し、
深く反省していれば、
執行猶予がつく可能性がありますが、
裁判官への心証は著しく悪いです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ