生活保護を受給できる対象者は!バイトをしていても受給できるの?


生活保護受給できる対象者は!バイトをしていても受給できるの?
についての情報です。

スポンサーリンク

生活保護を受給できる対象者は!バイトをしていても受給できるの?

生活保護対象者の定義は意外に曖昧な部分があります。
生活保護は働いていても受給する事が出来ます

 

もちろん、フルタイムで働いたら、
生活保護の対象者にはなりません

 

ここで言う働くと言うのはアルバイト程度のものです。
アルバイトの定義も幅広いです。

 

フリーター等は30万円位、
1か月で叩き出してしまいますからね。

 

当然、この場合も生活保護の対象者ではありません。
生活保護の対象者は本当に生活に困窮している人です。

 

最近は不正受給もかなり増えてきました。
組織的な犯行も多いです。

 

もう犯行まで行くと詐欺罪確実です。
執行猶予もつきません。

 

生活保護は本当にどう頑張っても、
生活が上手くやっていけない方が対象者です。

 

誰でも対象者になれるかと言えば、
なれませんね。

 

また福祉事務所の判断による為、
全ては福祉事務所の出方によって、
生活保護を受給できるかが決まります。

 

ここは芝居を打っておいた方が得策ですね。
心証を良くする事が生活保護受給に向けての第一歩です。

 

心証を良くしておくと、福祉事務所もこの家庭は
生活保護妥当と言う判断をします。

 

こうなると生活保護受給が間違いなく出来ます。
福祉事務所との駆け引きですね。

 

こういった駆け引きが意外に重要です。
何も駆け引きしないよりは駆け引きした方が
断然、最終的な結果はいいです。

 

ただし、駆け引きに自信のあるひとだけにしておいた方がいいです。
自信のない人が駆け引きをすると、
福祉事務所にアドバンテージを握られてしまいます。

 

そもそも生活保護受給にあたって、
駆け引きする必要はありませんからね。

 

普通に暗い顔だけしておけばいいです。
別に笑うなと言う事ではないですよ。

 

最初にケースワーカーと面談した時に笑ったて、
何も問題ありません。

 

しかし、この相談室についてですが、
プライバシーが筒抜けの福祉事務所が多いようですね。

 

隣で話をしている人の声が筒抜けで、
聞こえてくるそうです。
と言う事はこちらの話も筒抜けと言う事になります。
福祉事務所の課題事項です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ