生活保護を受給する際、誰に相談するのがいいのか?


生活保護受給する際、相談するのがいいのか?
についての情報です。

スポンサーリンク

生活保護を受給する際、誰に相談するのがいいのか?

生活保護を受給する際、
誰に相談すればいいのか?

 

この問題は非常にデリケートな問題です。
友人に知られたくない人は多いです。

 

福祉事務所に行きたいけど、
なかなか足が向かないという、
そんなケースも多々あります。

 

しかし、福祉事務所に行かない日が長引く程、
生活はだんだん厳しくなってくるのが現状です。

 

生活保護で相談する適任者がいます。
区議市議の人です。

 

特に地域密着型の区議や市議の方に相談すると話が早いです。
親切な議員さんなら、福祉事務所まで車で連れて行ってくれます。

 

そして、窓口で事情を説明してくれます。
この後は生活保護申請者がケースワーカーと話し合う場です。

 

生活保護を申請する場合、
財布に幾ら入っているか?
銀行の通帳の提出まで求められます。

 

まるでその光景は自己破産の裁判の申請そのものです。
福祉事務所としては何とかあらを探して、
水際で食い止めたいのです。

 

しかし、このケースは議員さんの力が働いていますから、
普通にしていれば、簡単に生活保護を受給する事が出来ます。

 

なかなかしたたかな作戦ではありますが、
かなり有効的な作戦ではあります。

 

福祉事務所は区役所に隣接していますから、
迷うことはありません。

 

相談するのは区議さんや市議さんがいいですね。
例えその党を応援していなくても、
地域密着型の議員さんなら相談に乗ってくれます。

 

そして、お礼は1回だけその党に票をいれればいいのです。
議員さんは見返りを貰ってはいけませんから、
票を入れてあげるのが一番有効的です。

 

これ以上のものはありません。
結構、忙しいようで暇な時間があります。
議会にしか出ない議員さんはダメです。

 

議会の報告を駅前で定期的に行っている
議員さんは相談に乗ってくれます。

 

結構、議員さんの場合は勤務時間がバラバラです。
何時から何時まで働かなければいけない
と言うものが存在しませんからね。
ここが大きいですね。

 

午後6時以降は絶対に働かないと言う人もいれば、
10時まで色々な相談等を受ける議員さんもいます。
まず困ったら議員さんに相談するのがいいです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ