生活保護を受給する前に障害者年金が受けれるかもしれない?


生活保護受給する前に障害者年金が受けれるかもしれない?
についての情報です。

生活保護を受給する前に障害者年金が受けれるかもしれない?

生活保護受給者で障害者年金が貰えそうな人には
福祉事務所は積極的に障害者年金を受ける様に
ケースワーカーは勧めます

 

福祉事務所としては障害者年金が出れば、
福祉事務所の負担が減るのでラッキーと考えます。

スポンサーリンク

 

福祉事務所としてはとにかくカットできるものは
大ナタを振ってカットカットです。

 

障害者年金がでれば、
福祉事務所の金銭的負担は大幅に削減されます。

 

全ての方が障害者年金を貰えるわけではありません。
全ての方が障害者年金を貰えるなら
福祉事務所の負担は大幅に下がります。

 

ただし障害者年金がもらえますと言っても、
かたくなに拒む人もいます。

 

やはり障害者年金と言う物に
抵抗感があるのだと思います。

 

もし私がその様な境地だったら、
私もかたくなに断るとおもいます。
障害者年金と言う響きが受け入れられません。

 

そうは言っても障害を持っている人にしてみたら、
障害者年金は必要です。

 

障害者年金には等級があり、
その級によって現金の支給額が変わってきます

 

等級が1番上の人だと、
年間100万円以上貰えます。

 

年間100万円以上って凄いですよね。
ただこれは実際に必要な金額で、
障害者の人からすればもっと貰えないかなあ・・・。
と心の中で呟いている筈です。
お金は天下の回り物ですからね。

 

障害者年金に関しては
申請して貰うまで少し時間がかかります。

 

審査を行い、審査の結果、
障害者年金相当と判断されれば、
今度は等級を決める審査があります。
障害者年金も貰うのは大変です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ