生活保護はデメリットよりもメリットのほうが多い!?


生活保護はデメリットよりもメリットのほうが多い!?
についての情報です。

スポンサーリンク

生活保護はデメリットよりもメリットのほうが多い!?

生活保護のデメリットは実際に
そんなに多くはありません。

 

まず生活保護費の使い道は
自由なのです。

 

焼肉を食べようが寿司を
食べようが自由です。

 

何にお金を使っても、1か月の
生活を維持できるのであれば
いいのです。

 

たまには出前を取りたくなる時も、
人間なのであるじゃないですか?

 

毎日、出前はさすがに無理ですから、
1か月に1回のお楽しみにすれば
いいのです。

 

まあ生活費の使い道は生活保護の場合、
限られたお金の中で行いますから、
計画が重要なポイントになってきます。

 

デメリットは本当に少ないのです。
強いてあげれば、アルバイト収入など
があった場合、申告して、その収入の
分が差額として、翌月に生活保護費
からけずられる位ですかね。

 

後は病院もお金は一切かかりません
から、かなりデメリットより、
メリットの方が大きいです。

 

医療費が無料なのは
かなりデカイです。

 

CT検査(造影剤使用)をすると、
保険適用でも8000円前後。

 

初診・再診料は別にとられます。
それが全くとられない訳ですから、
かなり大きいです。

 

後はさすがに生活保護を受給して、
これをする人はいないと思いますが、
借金が出来ません

 

生活保護の方は借金があると、
保護を受ける事ができない
システムになっています

 

最初に生活保護を受ける時に、
借金がある場合はどうするの?

 

このような素朴な
疑問点が出てきます。

 

答えはこの借金を自己破産で
無くしてしまいます。

 

弁護士費用は?
と言う疑問点もあります。

 

ここは法テラスと言う公的機関を
使って、弁護士費用を立替えて
もらいます。
これで自己破産をする訳です。

 

生活保護を受ける人は借金が
できませんが、元々、生活に
困窮している状況なわけですから、
借金をすること自体がおかしいと
思います。

 

私の個人的な意見を書かせて
頂くのなら、借金をしている人が
生活保護になだれ込んでくる人が
多いので、まずは生活保護の
人の数を減らす方向で、
水際作戦を展開して頂きたいですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ