生活保護の水際作戦とは?福祉事務所の水際作戦を受理させる方法は?


生活保護水際作戦とは?福祉事務所水際作戦受理させる方法は?
についての情報です。

スポンサーリンク

 

生活保護の水際作戦とは?福祉事務所の水際作戦を受理させる方法は?

生活保護の水際作戦とはありとあらゆる面で、
生活保護申請を受理しない事です

 

例えば失業し、収入が全く無くなってしまった30歳の男性が
一時的に生活保護を受給しようと福祉事務所に行きます。

 

本来このケースであれば、法律上では生活保護を
受理しなければいけないケースです。

 

それにも関わらず窓口に行くと、
まだ若いから仕事はいくらでもあります。

 

今まで怠けてきた因果応報だ等と福祉事務所に
都合の良い事を並べて、水際で生活保護を認めないのが
水際作戦です

 

財布の中にお札が1枚も入っていない人が、
どうやって就職活動をすればいいのでしょうか?

 

履歴書も買えない?
面接も行けない?
この状態で若いから働ける?

 

さぼった代償と言われても申請者にしてみれば、
腑に落ちない処の問題じゃありません。

 

じゃあどうしたらこの人は水際作戦を行う福祉事務所から、
申請受理を貰えるのでしょうか?

 

明らかに生活に困窮しているのは明白です。
福祉事務所の言っている事はかなり
メチャクチャな部分があります。

 

ここは市民団体に相談するのが最善の策です
市民団体の人と一緒に福祉事務所に押し掛けるのです。

 

やりとりは市民団体の人がしてくれます。
さすがに市民団体は敵に回したくないので、
今度は福祉事務所が降参します。

 

頼れる物は頼った方が良いですよ。
現にこうして結果として残しているわけですから、
水際作戦を崩壊させるのは市民団体の
力を借りれば簡単な事です

 

あくまでも福祉事務所は生活に
困窮している人に力を貸すのが仕事です

 

本来なら市民団体の力を借りなくても、
生活保護の受給条件は満たしています。

 

水際作戦等と言う、
福祉事務所が圧力をかけた背景にはやはり、
本当は働けるのに働かないで
生活保護を受けている人が多いからでしょう

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ