生活保護の条件や印象!現実は非常に辛いものである?


生活保護条件印象現実非常辛いものである?
についての情報です。

スポンサーリンク

生活保護の条件や印象!現実は非常に辛いものである?

生活保護の条件と印象

生活保護というと働けない
怠け者というイメージがついて
いるかもしれません。

 

ただ申請の条件はそれ程
甘くはありません。

 

生活保護を受けるのにはまず
預貯金が数万くらい、
保護者や世帯主がいない、
つまり生活を見てくれる人が
一人もいないというのが条件ですね。

 

最低生活費は都道府県によって、
多少の差はあるようですが、
大体一ヶ月八万前後になっています。

筆者が思う生活保護者の経験

僕の友人は突然の病気で
ご両親を亡くされました。

 

その時、友人も病気をしていたのですが、
ご両親がいる事により、
治療を受ける事が出来ず、
それから家も借地に建てたものだったので、
売れる事も出来ないという状態でした。

 

生活保護は他にも様々な条件があるので、
もう仕事も何もかも放棄するという
イメージは確かにあると思います。

 

市営住宅にも、当然優先して
入る事は出来ると思います。

働けるようにならないと苦しい

ただ最低生活費8万で、
話し相手が誰もいない状況で、
必ず生活が嫌になってくると思います。

 

彼は職安に行くというのが条件になっていて、
膝が悪いのですが、職員の方に
相談に乗ってもらっています。

 

気楽でしょうが、彼はまだ若いので、
最低生活費だけでは、また将来の面でも
不安な面も当然あると思います。

 

確かに働かなくても、
楽な部分はあるかもしれませんが、
先を考えると、彼は大変だと僕は思います。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ