生活保護の方が自己破産裁判の時の弁護士費用はいくら??


生活保護の方が自己破産裁判の時の弁護士費用いくら??
についての情報です。

生活保護の方が自己破産裁判の時の弁護士費用はいくら??

生活保護の方が、裁判をする時には
当然、最強の味方の弁護士さんが必要になってきます。

 

しかし、その高い弁護士費用は誰が支払うのでしょうか?
もの凄く疑問に思う人が多いと思います。

 

実際にどこがお金を払うかと言うと、
法テラスと言う機関が立て替えて支払います

 

裁判終了後、分割で毎月5000円ずつ返済していく事になりますが、
生活保護の方の場合は裁判終了後、
法テラスから支払に関しての有無の通知がきます。

スポンサーリンク

 

ここで、支払は厳しいと書くと、
ほとんどの生活保護の方の場合、
支払が免除されます

 

実質、弁護士費用は0円です。
裁判所など関係機関に出向く際の
交通費位しかお金がかかりません。

 

生活保護の方がする裁判って何?
と思った方が多いと思います。

 

ほぼ100%自己破産です。
生活保護の方は借金があってはならないので、
生活保護受給と同時に、
この自己破産をする為の弁護士さんを選びます

 

弁護士さんは誰を選んでもOKです。
全く問題ありません。

 

どの弁護士に依頼しても、
引き受けてくれれば問題ありません。

 

自己破産の裁判は大体3か月~6か月位です。
特に問題ない人は裁判が早く進みます。

 

特に問題がない人とは?
借金がギャンブル等の浪費で作っていない人です。

 

かなりギャンブルで借金を作っている人が多いです。
ギャンブルで借金を作ってしまった場合は
管財人裁判になる事があります。

 

こうなると、時間がかかります。
管財人裁判になった場合、
全ての郵送物が管財人の元に届き、開封されます。

 

そこを管財人裁判に持っていかないのが
弁護士さんの手腕です。

 

かなり腕利きの弁護士さんだと、
競馬等で作った借金も、
問題なく通常の裁判に持ち込みます。

 

生活保護の人は弁護士費用もかかりませんから、
かなり楽です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ