生活保護の支給額は各自治体や家族構成によって違うの??


生活保護支給額各自治体家族構成によって違うの??
についての情報です。

スポンサーリンク

生活保護の支給額は各自治体や家族構成によって違うの??

生活保護の支給額は各自治体で異なってきます。
また家族構成によっても支給額も違ってきます

 

支給額が多い市があれば、
支給額が少ない市もあります。

 

生活保護は平等でなければいけませんが、
なぜかバラつきがあるのです。

 

金額に多少バラつきがあるのは仕方がありませんが、
余り大きな差があると、生活保護受給者が
不満を訴える事になります。

 

3万円違えば、かなり1ケ月の生活が変ってきます。
生活保護を受けている人にとって、
3万円は大金です。
1万円でも大金です。

 

その大金も支給額に差があると、
困った事になります。

 

当然、多く貰っている人は生活が当然楽になります。
その一方で、3万円低い支給額に生活保護受給者は生活が大変です。

 

こういった格差は無くして行かないと、
後々大きな問題に発展します。

 

北海道と東京では支給額が違います。
北海道の場合冬は厳冬ですから、
暖房代が支給されます

 

暖房がないと、幾ら家の中といえ、
極寒ですから寒さに耐えられません。
暖房代は必要なお金です。

 

しかし、中にはこの大事な暖房代をパチンコで
使い果たしてしまう人もいるから驚きです。

 

東京の人からみれば、
暖房代も東京も冬は寒いから、
北海道並に支給額に上乗せして欲しいと
思っても何らおかしくありません。

 

生活保護の支給額はやはり
一定にしないといけないですね。

 

生活保護の格差は良くないですね。
あまり格差があると、生活保護受給者も
病院に入院したりしてぐれてしまいます。

 

今の所そのような話はありませんが、
今後どうなるかはわかりません。

 

生活保護受給者も支給額が減ってきているので、
均一にしてくれないと困ります。

 

確かに北海道の暖房代は支給額にプラスして良いと思います。
後はそのお金をしっかり暖房代に使ってくれればいいだけです。
支給額には課題が残ります。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ