生活保護の受給申請すると親に援助できるかの書類が届く??


生活保護受給申請すると援助できるかの書類届く??
についての情報です。

生活保護の受給申請すると親に援助できるかの書類が届く??

生活保護を受給申請すると、
親族が援助出来ないのか?

 

必ず調査が入ります。
当然、親の所にも福祉事務所からあお手紙が届きます。

 

あまり良いお手紙ではないですね。
正直、あまり来て欲しくない手紙ですね。

 

先に親に生活保護を申請したから、
援護出来ないと書いてと言っておけば、
全く問題ありません。

スポンサーリンク

 

親も援助出来ないと書けば良いだけです。
ここは援助出来ても、援助出来ないと書くのが通例です。

 

ここで援助出来ると書いてしまうと、
生活保護が受給出来なくなってしまいます

 

ここは絶対に生活保護を受給したいのであれば、
まかり間違っても援助出来ないと、
書いてもらわないと、後々大変な事になります。

 

そうなる前に、言葉は悪いですが、
口裏合わせは必要です。

 

ここで援助出来ないと、親族全員に書いて貰うと、
生活保護がまず間違いなく受けられます

 

ここで1人でも援助出来ると書くと、
生活保護の受給が受けられない訳ではありませんが、
支給金額が減額されてしまいます。

 

減額ならまだ良い方です。
生活保護受給不可になるのが一番まずい訳ですから、
その最悪のシナリオを避ける為には演技も必要です。

 

福祉事務所の担当者も人間ですから、
情に流される所もあります。

 

このゆるみを見逃してはいけません。
ここで一気に情で攻めるのです。

 

そうすると、まず間違いなく生活保護受給が受けられます。
ただ生活保護を受けるのは生きて行く上での権利なので、
申請して受給するのは全く問題ありません。

 

しかし、生活保護依存症には注意が必要です。
やはり生活保護を受けると、かなり怠け癖が付きます。

 

何もしなくてもお金が入って来る訳ですから、
これだけ楽なお金を叩き出す方法はありません。

 

あまり楽をしすぎると、勤労意欲が無くなります。
これが一番まずいです。

 

働けるようになったら、
しっかり働かないといけません。

 

働かないと体が鉛ますし、
楽な生活を1度してしまうと、
病みつきになってしまいます。

 

ラーメン好きがラーメンを病みつきに
なるのとは大きく違う訳ですから、
しっかり仕事の部分で働けるようになったら、
生活保護を解除しても良い様にしなければいけません。

 

そんなに難しい事ではないと思います。
健康になったら働くたったそれだけです。

 

野球選手だって、
怪我が治ったら試合に出ます。
これと同じです。

 

病気以外の方も生活保護受給者にはいるので、
一概に仕事云々と言う話ではないのですが、
あくまでも1番多い受給者のパターンです。

 

生活保護は緊急措置と捉えておくのが
ベストだと思います。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ