生活保護の住宅扶助で居住形態!得するのは公団や団地!?


生活保護住宅扶助居住形態!得するのは公団団地!?
についての情報です。

スポンサーリンク

生活保護の住宅扶助で居住形態!得するのは公団や団地!?

生活保護の住宅扶助で一番効果を
発揮する居住形態があります。

 

元々生活保護の概念は最低限生活を
保障すると言う物です。

 

その為、全ての家が得をするか
と言うとそうではありません。

 

それではどの様な居住形態が
得をするのでしょうか?
それは公団です。
いわゆる団地ですね。

 

団地は家賃も低いので、
家賃を全額免除されるケースも
少なくありません

 

これは生活保護受給者に
取ってみたら非常に大きいですね。
これぞ住宅扶助と言った感じです。

 

家賃が高い所に住んでいる方には
福祉事務所から家賃の低い所へ
引っ越しするように勧告がきます

 

ここで生活保護を諦める人も
かなりいます。

 

やはり暮らし慣れた家をわざわざ
住宅扶助を受ける為に、
引っ越しをするのは馬鹿らしいと
考える人が多いです。

 

この辺りがプライドなんでしょうね。
ここで家を変えない人は住宅扶助の
恩恵は受けられず劣勢になりますが、
それでも今まで住んでいた家を
手放さないのですから、
生活保護が受けられればラッキーと
考えているので、生活保護を受けら
れなくても、何ら問題のない
人達です。

 

住宅扶助を受けて生活が大分
楽になる人もいれば、生活扶助の
恩恵なんかいらないと言う人も
います。

 

当然生活保護を申請し、
住宅扶助を断る人は生活保護の
受給を半ば諦めている人

 

また生活保護の力を借りなくても、
十分生活がやっていける人達です。

 

生活保護を受給する人達には
様々な人達がいます。

 

最初から通れば儲けものと
考える人達と絶対に生活保護を
受けないと困る人達がいます。

 

その為、福祉事務所は
大混雑するのです。

 

純粋に生活保護を受けなけなければ
困る人達はこの大混雑の中でも、
ひたすら待つだけです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ