生活保護の不正受給や生活保護世帯も京都で過去最高!


生活保護不正受給生活保護世帯京都過去最高
についての情報です。

スポンサーリンク

 

生活保護の不正受給や生活保護世帯も京都で過去最高!

 

京都は不正受給が昨年過去最高の727件でした。
また、生活保護世帯も3万3124世帯と過去最高を記録

 

約3万世帯のうち、727件が不正受給です。
生活保護受給者の2パーセントの人間が
不正に受給を行っていた事になります。

 

不正受給の場合、最も重いペナルティは刑事告発です。
だいたいその1歩手前の返金で済む事がおおいです。

 

不正受給と言う事はお金を持っていると
言う事になりますからね。

 

かなり隠し財産があるものと推察されます。
これでは古都・京都が泣いています。

 

これは京都に限った事ではありません。
東京でも沖縄でも北海道でも同じ事が言えます。

 

不正受給は絶対にしてはいけません。
お金を計画的に不正をして得る訳ですから、
ペナルティは重いです。

 

この京都の不正受給727件。
2パーセントと言うのは氷山の一角に過ぎません。

 

実際は10パーセントはあると思います。
これは色々な人が絡んでいると思います。

 

中々どうして、残りの推定8パーセントを
割り出せないでいます。

 

福祉事務所もエキスパートが入っていますが、
手口が巧妙過ぎて見破る事が出来ない状況にあります。

 

手口が巧妙と言う事はかなり悪質と言う事です。
ここが最大の福祉事務所と不正受給者との駆け引きです。

 

福祉事務所もこの人は怪しいと目星はつているのですが、
中々馬脚を現しません。

 

1人の為に張り込む訳にはいかないですからね。
約3500世帯が不正受給していると推察できます。

 

特に家族でお金を貰う家庭は支給金額が大きいですからね。
一度吸った甘い汁は人間は一度味をしめると
何度でも吸いたくなります

 

これが不正受給なのですから、
まともに税金を払っている人は馬鹿らしくなります。

 

その税金が不正受給に繋がっているとなれば、
怒りもヒートアップします。

 

京都でこの数字ですから、
日本一の生活保護受給者が多い大阪市では
更にとんでもない事になっていると思います。

 

ただ大阪市の場合は生活保護受給者が多すぎる為、
家庭訪問等が満足にできない状態にあります。

 

こうなると、毎日生活保護受給申請に人がきて、
更に処理する資料は山積され、
満足に不正受給者の調査にもいけない状態が続いていますが、
人員増員で漸く態勢も整ったようです。

 

京都もこれから人員を増やして、
更なる対応策をこうじているようです

 

都道府県は関係ありません。
とにかく不正受給者を野放しにしてはいけません。

 

しわ寄せが一般市民にきます。
正直、今の日本政府に期待はできません。

 

つまりこの状態が改善される見込みは
ほぼ0パーセントと言う事です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ