生活保護の不正受給の割合は!不正受給の手口が年々巧妙化している?


生活保護不正受給割合は!不正受給手口年々巧妙化している?
についての情報です。

スポンサーリンク

生活保護の不正受給の割合は!不正受給の手口が年々巧妙化している?

 

生活保護の問題で必ず出てくるのが不正受給です。
不正受給の割合がどれ位なのか?
ここが大きな問題となっています。

 

今、この問題は社会的問題にもなっています。
非常に関心度が高い問題なのです。

 

税金で養っていますから、
必然的に注目度は高くなります。

 

通常の生活保護受給者は7割程度だと思います。
残りの3割は不正受給の可能性が高いもしくは不正受給です。

 

問題はこの3割の不正受給組を
しっかりと解明出来ているかどうか?
この一点になります。

 

なかなか不正受給を見抜くのは難しいです。
何せ、不正受給の手口は年々巧妙化しています。

 

また組織的な犯行も多く、
いたちごっこの側面を持っています。

 

この3割の割合の不正受給者。
もしかしたら、もっと不正受給を
している人がいるかも知れません。

 

不正受給をする人は明らかに
悪意のある人がほとんどなので、
不正受給が発覚すると、
刑事事件に発展する事が多いです。

 

不正受給の心証は良くないです。
不正受給で心証が良い人等、
いる筈もありません。
悪い事をしているのですから・・・。

 

不正受給をする人の感覚はばれなきゃ大丈夫。
こういう安易な考えで不正受給をする人も
最近では増えています。

 

この様な事をしても良い事は何もありません。
確かに一時的に甘い汁は吸えるでしょう。
しかし、それは不正受給が発覚しないうちです。

 

不正受給はそう簡単に逃げ切りが
できる程甘くはありません。
直ぐに馬脚を現します。

 

悪い事はそんなに長く続かないのです。
良い事と悪い事、この位の事は大人なんですから、
自覚しないと、後から後悔するのは自分自身です。

まとめ

不正受給は今や社会問題です。
テレビでも、時折特集が組まれる程です。

 

警戒度合が最近は福祉事務所でも、
レベルが上がっています。

 

それもその筈。
そうやすやすと不正受給を
見過ごす事はできないのです。

 

不正受給で与えてしまったお金は返還されない限り、
福祉事務所に取っては痛恨の出費となります。
割合も、最近増えてきているので注意が必要です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ